慰謝料の意味

何かしらの事件や事故などが発生した場合に、良く聞くのが「慰謝料」というお金です。
そもそもこの慰謝料というのがどのようなお金であるのか、ということについてまずは見てみましょう。
慰謝料というのは、精神的な苦痛に対する損害賠償のことを指しています。
そのため、精神的苦痛が発生する可能性がある事案においては、様々なことで慰謝料が発生する可能性があります。
代表的なものとしては離婚に際する慰謝料や、交通事故に際する慰謝料、あるいは事件被害に対する慰謝料などがあげられるでしょう。

それぞれ「どのような理由で精神的苦痛を負ったのか」ということが算定における重大なポイントとなります。
ここにおいて重要なのは、被害を受けた人が主観的にどれだけの精神的苦痛を負ったのか、ということが必ずしも重要視されるものではない、ということです。
裁判において慰謝料が設定される場合において、自分が非常に思い精神的苦痛を負ったからといって、そのことが判事に理解されなければ高い金額とはならないことになります。

この点において、慰謝料の算定においては判事がどのような人物であるのか、ということが大きな要素の1つとなります。
例えば離婚弁護士の場合、女性判事だと女性側に有利な判定が下される可能性がある、というようなことです。
ただ、慰謝料の中にはこれまでの判例などからある程度基準が定まっているものもあります。
ここでは、様々な慰謝料の概算について紹介します。


≪外部リンク≫
慰謝料請求の相談が出来る離婚弁護士のサイトです ⇒ 慰謝料請求 相談

Copyright © 2014 慰謝料はどうやって算定するの? All Rights Reserved.